ATMOSPHERIC DATA

流れ星の科学で、地球を紐解く

燃え尽きていく流れ星の軌道や発光を手がかりに、地球大気の未知とされてきた謎を解く。
これまでに蓄積されてきた人工衛星と気象予報の歴史を礎に、地球観測の新たな手法を探求します。
ALE のもつ人工流れ星・小型衛星・プラズマ技術を活用し、これまで得ることが難しかった大気データを高頻度で取得。
地球上で起こる様々な気象現象の解明を通じて、基礎科学のさらなる発展と、サステナブルな社会の創造を目指します。

About ATOMSPHERIC DATA

ALE独自の人工流れ星・小型衛星・プラズマ技術を活用し、
これまで観測が十分にできていなかった対流圏から中間圏のデータ取得に向けた研究を推進。
気象予報精度の向上と、中⻑期の気候変動メカニズムの解明に貢献することを目指します。
また災害対策や、船舶・航空の経路最適化、エネルギー・農業等の分野における精度の高い生産・流通計画への活用も期待されています。

AETHER PROJECT

Project mission
「⺠間小型衛星で科学を社会につなぎ
気象による理不尽さを減らす」

ALEを中心に、通信・電波天文学・気象学の分野で日本を代表する機関が参画
民間気象衛星で「自然災害」に挑む産学連携プロジェクト

気象予報は現在を示す「観測データ」と未来をシミュレーションする「気象モデル」の2つを使って行われ、
更に両者を繋ぎより正確な予報を実現する「データ同化」と呼ばれる技術が用いられます*。
AETHERではこれら3領域に見識のある専門機関が参画し、観測から予報まで一体となった研究開発体制を構築しました。

*データ同化:「気象モデル」を基にしたシミュレーションを実際の「観測データ」とつきあわせることで微修正し、予報精度を高めることをいう。