世界初の人工衛星による人工流れ星応援プロジェクト「SHOOTING STAR challenge」 計画見直しのお知らせ

JP EN

2019.08.08 (Thu)

 民間宇宙ベンチャー 株式会社ALE(東京都港区、代表取締役社長/ CEO:岡島礼奈、以下ALE)は、広島・瀬戸内地方で開催を計画しておりました、世界初の人工衛星による人工流れ星プロジェクト「SHOOTING STAR challenge」(以下、SSC2020年春実施する事が難しいと判断し、計画を見直すことを決定いたしました。

 この計画見直しは、ALEの人工衛星を搭載するために調達していたロケットの打ち上げスケジュールが想定以上に延期されたことに伴うものです。ロケット打ち上げは2019年夏から秋頃の予定でしたが、2020年春以降に延期となりました。

 今後の予定につきましては、人工衛星の打ち上げ後SSC全体の計画について再考し、確定次第発表いたします。

代表取締役社長/ CEO 岡島礼奈コメント
 「いつもALEを応援してくださり、誠にありがとうございます。これまで、広島・瀬戸内地方で人工流れ星を流したいという強い想いで計画を進めてまいりました。この想いに変わりはありません。弊社の人工衛星は順調に開発が進んでおります。私たちALEは、さらに全社一丸となり挑戦を続けてまいりますので、引き続きご支援いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。」

【株式会社ALEについて】
ALEのミッションは、「科学を社会につなぎ 宇宙を文化圏にする」というものです。ALEは私たち人類の持つ無限の好奇心を、技術によって実現していくことを通じて科学および宇宙事業を発展させ、人類の生活をより豊かにすることをビジョンとしています。

社  名 : 株式会社ALE(エール)
本社住所 : 東京都港区赤坂2-21-1 川本ビル2
代 表 者  : 代表取締役/CEO 岡島礼奈
設  立 : 201191
事業内容 : 宇宙エンターテインメント事業「Sky Canvas」、高層大気・大気圏再突入データ解析、小型人工衛星技術の研究開発

  • Share

Latest Articles

View All
  • 2019.09.17

    ドバイで開催される、中東・アフリカ最大のIT展示会「GITEX Future Stars」へ出展

  • 2019.09.05

    Horizons Ventures 等からシリーズAラウンドにおいて 総額12億円の資金調達を実施 ~宇宙エンタメ事業「Sky Canvas」等の技術開発及び、事業化に向けた取り組みを加速~

  • 2019.08.19

    ALE、経産省による宇宙産業補助金の対象事業者に採択 スペースデブリ対策技術の2021年実証へ加速