英国ヴィクトリア&アルバート博物館 “The Future Starts here” 展覧会への 出展作品としての採択・参加のお知らせ

JP EN

2017.12.25 (Mon)

株式会社ALE(本社:東京都港区、代表取締役CEO 岡島礼奈)は英国ヴィクトリア&アルバート博物館(以下V&A)が2018 年5 月12 日から開催する大規模展覧会 “The Future Starts Here (未来はここから始まる)” の展示作品として採択され、参加することが決定致しました。


V&A が開催するThe Future Starts Here では、 未来を創るデザインの力を探求します。本人のDNAから復元されたチェルシー・マニング氏の肖像画、スマートフォンに電力を供給する発電可能なシャツ、種の保存を目的とした世界種子貯蔵庫、 世界初の無重力プリンターによって印刷された部品など、現時点ではスタジオや実験施設での開発段階にある画期的な技術を世界中から集めて展示します。100 点を超える展⽰物の多くが世界で初めて⼀般公開されるもので、V&A は国際的な研究や、幅広い企業、⼤学、実業家、アドバイザーとの緊密な協力関係に拠り、これらの展示物が示す未来を探ります。さらに展示物身体、家庭、政治、都市、更に地球に与える影響をも探ります。来場者は、倫理や思索を必要とする問いかけにより、展示物と日常生活の中で選択を行う際に重要となる主題とを関連付けて考える様に導かれます。(V&A Press より)


本展覧会はヴィクトリア&アルバート博物館の最新ギャラリーであるSainbury Gallery にて開催される予定です。ALE の衛星部品と流れ星の粒は展示作品として展覧会の “If Mars is the answer, then what is the question? (火星移住が人間の答えだとして、聞くべき質問は何なのか)“を問うセクションにて展示されます。

The Future Starts Here
The Sainsbury Gallery
英国ヴィクトリア&アルバート博物館
2018年5月12日 ‒ 11月4日開催
vam.ac.uk/thefuturestartshere | #TheFutureStartsHere

株式会社ALE について
ALE は日本に拠点を持つ「人工衛星を用いて人工的な流れ星を作る」世界初の民間宇宙企業です。
エンターテインメントを通じて、基礎科学分野に貢献することをミッションに、岡島礼奈(同社取締
役社長)が2011 年に設立しました。
科学とエンターテインメントの両立を掲げ、夜空をキャンバスに見立て人工流れ星で演出する「Sky
Canvas」事業の研究・開発に取り組んでいます。
人工衛星を宇宙空間に打ち上げ、流れ星の粒を放出・大気圏に突入させることで、地上では直径
200km という広⼤な範囲で、数百万人以上の人たちが同時に空を見上げる壮大なリアルエンターテ
インメント体験を創り出すことを目指しています。
http://star-ale.com/

本件に関するお問い合わせ
英国ヴィクトリア&アルバート博物館
madeline@reesandco.com / +44 (0)20 3137 8776

株式会社ALE
info@star-ale.com

  • Share

Latest Articles

View All
  • 2019.09.17

    ドバイで開催される、中東・アフリカ最大のIT展示会「GITEX Future Stars」へ出展

  • 2019.09.05

    Horizons Ventures 等からシリーズAラウンドにおいて 総額12億円の資金調達を実施 ~宇宙エンタメ事業「Sky Canvas」等の技術開発及び、事業化に向けた取り組みを加速~

  • 2019.08.19

    ALE、経産省による宇宙産業補助金の対象事業者に採択 スペースデブリ対策技術の2021年実証へ加速